スズキ王国(仮)

400カタナに乗るノンケライダー(大嘘)がバイクのあれこれを書くブログです。

乗り換えを検討した話(乗り換えるとは言ってない)

今回の修理も当職のガバ整備のせいで長引いてしまったが、それはそれとしてこのまま直らなかったらマジでどうしようかと真剣に乗り換えも検討していた。

まぁ結局直ったのでもうしばらくは乗るわけだが、ここらで一つ次に乗るとしたら何が良いかなァ〜と思いリストアップしてみた。

何度も言うがまだ乗り換えません。

 

選定において当職が絶対に譲れない条件は

  • 航続距離250km以上。贅沢言うなら300は欲しい。

1日のツーリング距離が500kmを超える事がある当職にとってこれは重要。250km未満だと1日の給油回数が2回に及ぶので少々メンド臭いのである。

 

  • 製造から10年未満

もう絶対に旧車は買わん(鋼の意思)

中古車においてとにかく怖いのは経年劣化である(鋼鉄の説得力)。新しいバイクを買おう。

 

  • 高速を考慮するとできればハーフカウルくらいは欲しい。

と言ってもネイキッドやストファイでもスクリーンは付けられるから大した問題ではないかも。

 

とゆーわけで細かい事はほっといてとりあえず少しでも見た目が好みの奴らをジャンル毎に見ていこう。

 

メガスポ路線

所有するかは別として一度は乗ってみたいジャンル。圧倒的な速さと車格で所有欲は一番満たされそう。

f:id:J_shima:20210509201435j:plain

スズキ乗りとして1度は乗ってみたい1台。新型のカッコ良さには思わず2回も男汁を出した。

 

ZX-14R

f:id:J_shima:20210509201446j:plain

隼と同じ路線でツアラー寄り。アヘアヘ過積載にちょうど良さそう(小学生並みの感想)

 

CBR1100XX

f:id:J_shima:20210509201502j:plain

古いの買わねえっつったろ

しかし最終型でも60万ちょいで買えるのでアリっちゃアリ(懲りない)

 

ZX-12R

f:id:J_shima:20210509201526j:plain

だから古いっつってんだろ

しかし装備重量210kgで180馬力はとても魅力的。いや頭おかしいわ(冷静)

 

SS路線

SSならリッターよりミドルが楽しそう(建前)。リッターは高くて買えん(本音)

 

GSX-R750

f:id:J_shima:20210614123745j:image

SSの中で1番すき。顔が良いよ顔が

600でも1000でもなくナナハンてとこが良い。

跨ってみると姿勢もかなり楽で排気量の分トルクも太いらしくツーリング向け。ケツも広いので積載もどうにかなりそう。タマ数が少ないのがネック。

 

ZX-6R

f:id:J_shima:20210614123817j:image

一度試乗した事がありその乗りやすさは確認済み。現代のSSらしく電子制御も豊富で他のSSと比べ快適なツーリングができそう。

 

スポーツツアラー路線

当職の用途ならどう考えてもツアラー一択なのでここも抑えておきたい。

 

GSX-S1000F

 

f:id:J_shima:20210523223141j:plain

安い、軽い、速いの三拍子揃ったイルカくん。ツアラーよりはストファイ寄りかもしれんが細けぇ事は置いとこう。最初見たときは独特の造形がなんかキモかったが見てるうちに慣れた(感染)。少しクラッチが重いのが難点。

 

NINJA1000SX

f:id:J_shima:20210614123850j:image

ぶっちゃけ当職の用途なら忍千が一番合ってると思う。パワー、積載、航続距離どれを取っても申し分無く、ツアラーとして最も優秀な気がする。マジな話誰に相談してもお前は忍千買えやと言われる。

 

VFR800F

f:id:J_shima:20210614123928j:image

マイナー車種だがV4エンジン+VTEC積んだスポーツツアラーというのは大変興味深い。試乗できる機会があればワンチャン。

 

CBR650R

f:id:J_shima:20210614124003j:image

有力候補。見た目もカッコ良くスポーツ嗜好もそこそこ高く姿勢も楽と当職の要望をおおよそ満たしてくれる。荷物も載せやすそうだがタンク容量15Lが少し不安。

 

CRF250 RALLY

f:id:J_shima:20210614124037j:image

オフ車だけど勝手にツアラーとしました。コンセプトはアフリカツインの子分なので基本的にはツアラーとして認識して良いと思った。一度試乗したこともありその扱いやすさはよく分かってるし250クラスのツアラーとしては最も魅力を感じる。当職はお山でうっかりやべー道に突っ込んでしまう事が多いのだがそんな時も安心して進めそう。4気筒スポーツとは全く違った路線にオラワクワクすっぞ!

 

 

とまぁここまで列挙しておきながら、この中で当職にとってカタナを超える魅力を持った車種があるかといえば微妙である。

強いて言うならGSX-R750が1番当職の股間に響くな(約束された鈴菌)。しかし今すぐ乗り換えたいかといえば微妙。

 

実は今こっそり大型教習に通っているがなぜがバイク人気が高く全く予約が取れないため免許はも少し先になりそう。他の出費もあるしもうしばらくはカタナくんをしばき倒す事にするので乗り換えは期待しないでくれよな!